脂肪吸引で吸引するもの

脂肪マッサージ

具体的に、脂肪吸引で何を吸引するのかについてご紹介します。

脂肪吸引で吸い出すのは、脂肪細胞です。
脂肪細胞には、脂肪を蓄えてたっぷりと膨らむ性質があります。脂肪を蓄えれば蓄えるほど、脂肪細胞の1つ1つが巨大化していきます。
脂肪細胞は全身の皮膚下に存在するため、脂肪を蓄えれば蓄えるほど全身の脂肪細胞が巨大化し、肥満体型になるというわけです。

脂肪細胞はもともと、身体を動かすエネルギーを蓄える細胞として活動しています。脂肪は、燃焼することでエネルギーになるため、脂肪細胞は身体を動かすエネルギーを貯蔵するガソリンタンクであると言うこともできます。
しかし、脂肪を燃焼してエネルギーを消費する前に、糖分が先にエネルギーに転換されます。脂質よりも糖質のほうが、エネルギーへの変換効率が良いのです。脂肪を燃焼してエネルギーに変えるためには、まず糖分を先に使い果たさなければならないのです。
しかし、運動を怠っていたり、過剰な糖分を摂取していると、使い切れなかったエネルギーが脂肪に置き換わり、蓄積されるようになります。これは、いつか使うために取ってあるエネルギーと言うことができますが、いつまでも使わないまま放置してしまうと、セルライトという状態に変化してしまいます。
セルライトとは、まさしく「脂肪の塊」です。こうなると、簡単にはエネルギーとして消費することができなくなってしまいます。脂肪を燃焼してエネルギーに転換する、つまりは食事制限や運動によるダイエットには、期限があるのです。皮下脂肪がセルライトに変わるまでの間に、ダイエットを成功させなければ「痩せにくい脂肪」がついてしまうのです。

しかし、脂肪吸引ではセルライトになってしまった脂肪も、吸引して体外に排出することができます。エネルギーとして消費されづらく、痩せにくい脂肪であっても、そのまま体外に出してしまえば関係ありません。
つまり、脂肪吸引では脂肪の状態に関係なく脂肪をなくし、ダイエットを成功させることができるのです。
これが、絶対に、簡単に、誰でもダイエットができるという理由です。